このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中古車を見るときの「育ちの良さ・悪さ」とは
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
中古車を見るときの「育ちの良さ・悪さ」とは中古車マーケッツ

中古車を買うとき、その車の「育ち」はどうなのか、という話がでてくることがあります。
ここで言う中古車の「育ち」とはその車が以前どのような環境で走っていたかということです。

ここでは買うときに注意してほしい、育ちが悪い中古車について話します。
まずは山間部で山道をたくさん走っていた車です。

坂道や路面状況の悪い悪路を走っているので走行距離に対してエンジンや足回りは
ひどい状態であることが多いです。次に海岸地域や離島で走っていた車です。
いくら塗装されているとはいえ、車は鉄の塊です。

鉄は本当に塩分に弱いので、
車体の少しのキズや車の接合部分から浸食して車をダメにしてしまうのです。

中古車販売店で中古車をみるときにはその車が以前どの地域を走っていたのかは確認するべきポイントです。
また今回挙げた地域で車を走らせている人がその車を売るときにはどうしてもこのことが考慮されて安値で引きとられることを考えた方がいいと思います。

中古車