このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 知人・友人からの中古車購入法
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
知人・友人からの中古車購入法中古車マーケッツ

個人売買は、価格が中古車業者より安く、オーナー歴が判るというメリットがあるためネット以外でもよくある手法です。
まずはなぜ売るのか確認してみましょう。車検時期が近いからか、下取り買い取りが安いからか、不具合が多いからか
理由はさまざまだと思います。

友達を騙すことは少ないと思いますが、勘違いからトラブルになる事も多いようです。
まず書類関係ですが車検証の所有者の名義は友人本人でしょうか。所有者の委任状、譲渡証、印鑑証明、実印が必要
になります。自動車税の納付は済んでいるでしょうか?同一県なら付き割りで返しましょう。

リサイクル券相当分の支払い。中古車の車両の年式によっては登録時に取得税がかかる場合があります。
以上の書類が揃わない限りは支払いしない、中古車を渡された後、名義変更できないで困ったり、車両の状態について
は、恐らく現状渡しでしょうから、トラブルにならないようによく話し合う事が重要です。

友人の場合、契約書というより、後から言った,言わないで友情にヒビが入らないように覚書をお勧めします。
個人売買は安い分リスクもかかってきます。それを理解したうえで乗りましょう。車検証の所有者の名前が知人・友人で
ない場合は、委任状とうのない限り、売買不可ですよ。

友人車