市場は今中古車だ!

中古車の契約手続き

中古車を契約するときには、いくつか注意したいポイントがあります。
まず、車検が切れている車の場合、いつ車検証ができるのか確認しておきましょう。
車検証のコピーは任意保険に入る際に必要となります。

他には、自動車税の確認です。
中古車を年度の途中で購入した場合は、登録の翌月から年度末まで納めます。

その金額が合っているかどうかを、きちんと確認しておきましょう。
そのほかに中古車を買った場合にかかる税は、自動車重量税です。

車検残がある場合は請求されることはないです。
ですが、万が一のことも踏まえてきちんと確認しておきましょう。

そして、消費税も購入の際にはかかります。
中古車を購入する場合、車両本体価格と販売店手数料に消費税(5%)がかかります。

ですが、税金や法定預かり費用、自賠責保険には消費税はかかりません。
チェックしておきましょう。

このように、さまざまな税がかかりますので、契約の際にきちんと確認しておきましょう。

中古車契約

新車と中古車、どちらが良いのか

新車と中古車、どちらが良いのでしょうか?そりゃあ、ほとんどの人は中古車よりも新車が良いと思います。
しかし、費用が用意できなかったり、まだ運転に自信がないという場合には、
いやおうなしに中古車を選ぶことになると思います。

しかし中には、高級車の中古車を買うなら、新車を買った方が安く済む・・・と考える人も中にはいるそうです。
まぁ。それは人それぞれですね。

中古車がいいのか、新車がいいのかは、その人のライフスタイルで決まると思います。
家族の人数が多ければ、新車で軽自動車を購入するよりも、
その金額で家族全員が乗れる普通自動車の中古車を選んだほうが良いでしょう。

また、高速道路100キロ前後のスピードを出して、自動車を運転しなければ なりません。
軽自動車の車体よりも普通自動車の車体のほうが、スピードに耐えられるつくりをしているので、
高速道路を頻繁に利用する方は、中古車の普通自動車を選ぶと良いと思います。

中古車新車

中古車を買ったら保険に入ろう

さあ、気に入った中古車を手に入れることができました。
よし、初めての運転に出かけてよう!しかし、その先で事故にあったしまった・・・。

そして多額のお金を支払うことに・・・。そんなことにならないように、
中古車を買った時点で保険に加入しておくことをオススメします。

ですが、ただ自賠責保険に加入したとしても、
事故のお金は全部負担するということになってしまいます。

そこで、絶対に加入してほしいのが、任意保険です。
自賠責保険に加入しているだけでは、万が一の場合に備えることができないのです。

そのため、任意保険に入ることが必要となります。
中古車を買った時点で、もはや任意保険に加入することは当たり前のようなものですね。

現在では、さまざまな保険屋さんが、色々なサービスをつけて加入をしてもらうと競い合っています。
どこの保険が自分にピッタリ合っているのか、きちんと考えていきましょう。
そして、自分に合った良い保険に加入できると良いですね。

自動車保険

中古車の試乗をしてみよう

中古車の予算も決まり、譲れないポイントを絞って、
自分に合った中古車が見つかったら、次は試乗をしてみましょう!
試乗をすることはとても大切なことです。

試乗をしないまま中古車を買ってしまい、いざ乗り始めたときに「あれ・・・なんだか印象と違うぞ。」
なんてことになっては、せっかく買ったのに喜びも何もありませんよね。

そのためにも、買う前に試乗はしっかりと行いましょう。
試乗をする際には、メーカーさんに問い合わせて試乗をさせてもらいましょう。

試乗をしたい日にち、場所などを決めてもらうことができます。
いきなり試乗をさせてもらうこともできますが、
一般的には電話などで予約をしてから試乗をさせてもらうと、スムーズに物事がすすむと思います。

中古車は一台ずつ、それぞれ状態が違うということを念頭に置いて試乗をしましょう。
その車によって乗り心地など感覚が違うことがほとんどです。
そこで、自分にピッタリ合う車が見つかれば、買うことが決定します。

中古車試乗

中古車の見積もりをしてもらおう

さあ、お気に入りの中古車が見つかったら、メーカーさんに車の見積もりをしてもらいましょう。
ただ、中古車は新車と違って、前に乗っていた人によって使われてきた感じが違うため、
見積もりもその中古車ひとつひとつ違ってきます。

メーカーさんにきちんと正確な見積もりをしてもらいましょう。
いまでは、インターネットでも見積もりサービスを行っているところもあります。

新車と違ってたくさん見積もりをしなければならない場合は、こういったインターネットを利用するのも手ですね。
インターネットを利用することで、メーカーさんのところまで出向く時間が短縮できるので、
あまり手がかからないという利点もあります。

また、自分の住んでいる町だけではなく、近隣の町の見積もりも参考にしてみましょう。
もしかしたら、その場所によって安くなったり高くなったりするかもしれません。
どちらにしろ、見積もりはきっちりと行うべきです。

しっかりと全部の手続きが済んだら、その車はあなたのものです。

中古車見積もり

中古車を買ったは良いけど

さあ、いざ中古車を買いました!・・・は良いけど、駐車場がない!
なんてことにならないように、事前にしっかりと調べておきましょうね。

自宅に中古車を置くスペースがない場合は、
家の近所に安い月極駐車場がないか確認しておきましょう。

中古車を買ったは良いけど、維持費が高くてやってられない・・・なんてことになっては大変ですもんね。
ちなみに、駐車場を借りるときの自宅から駐車場までの距離は、直線で2km以内と決められています。

その範囲内で駐車場を決めるのです!出来るだけ自宅に近い方が良いのか、
ちょっと自宅から遠くても安い方が良いのか、
などと自分の中で優先順位をつけて考えておくと決めやすいと思います。

ですが、あまり自宅から駐車場が遠すぎると、
車に乗ること自体が億劫になってしまう・・・なんてことにもなりかねません。

まず、中古車を買う前にきちんと駐車場についても考えておくことが一番良いと思います。
駐車場を確保したら、やっと車をゲット☆うれしいですね!

駐車場契約

中古車について調べてみる

私が中古車について調べよう、と思ったときに、まずインターネットで「中古車」と調べてみました。
・・・出てくる出てくる、ヒットしまくりです。

それだけ色々な方から中古車が注目されていて、買おうか検討されているということですね。
と思ったは良いけど・・・どこが評判が良いのか、たくさんありすぎて迷ってしまうと思います。
そこで、私が中古車を買ったときのことを説明します。

私はまず、家族共有で乗っていた(新車です)車を買ったメーカーさんに連絡を取りました。
良い中古車を探しているんだけど・・・という風にです。

そのときに、「予算・何人乗り希望か・軽で良いのかそうでないのか」など、だいたいのことを伝えておくと良いと思います。
そして、実際にメーカーさんまで行って何車か見てみます。

そこで気に入ったものがあれば即決定!なかなかピンとくるものがなくても、
きっと他にも探してもらえると思います。私はこうして今の車と出会いました。

中古車

自分の車を中古車として高く売るための基本

新しい新車のモデルがもうすぐ出るのでその車に買い替えたい。
生活環境が変わるので普通車から出来ればバンタイプの車に買い替えたい。
自分の車を買い替える理由は人それぞれだと思います。

そこで出来れば今自分が持っている車を中古車として高く引き取ってほしいと思うのは当然だと思います。
そこで中古車を売るときの基本を書きます。

それは自分の町の中の販売店を複数回り、一番高い所で中古車を売ることですが、
現在ではインターネットが発達しています。

パソコンまたはスマートフォンを持っている人ならば自分の車の車種や年式、
走行距離などを打ち込むだけで中古車としての価値を査定してくれるサイトが存在します。

このようなサイトも複数まわり、そのサイトで出た査定額から販売店に行けば下取りのときの
値段交渉の基本価格がユーザー側が分かっているので有利になると思います。

またモバイル関係の機器を持っていない人でも買い取り専門店で査定額を聞いておいてから販売店を回りましょう。

車査定

中古車の「カルテ」について

ここでは中古車を買うためにユーザーが中古車の状態を知るために役に立つ「カルテ」の話をします。
販売店にある中古車にはひとつひとつ品質評価書があります。まずは車両状態説明書といい、
その中古車が販売店に来たときの車の状態を示しています。

次に加修明細書といい、販売店に来たあと、車にどのような整備をしたのかという書類です。
気に入った中古車を見つけたら、ユーザー側から販売店にこの品質評価書を見せてもらいましょう。

中古車の値段と車の状態に違和感を感じたら値段交渉の時のユーザー側のカードとなるかもしれません。
またここでこの品質評価書を見せてくれと言って、
見せないまたはなんとかごまかそうとする販売店があったとしましょう。

ここまで読んだみなさんは、車の「カルテ」ともいえる書類を見せようとしない、
つまり自分の所の商品の状態を明かさないような販売店が信用できますか。

そのような販売店に入ってしまったら他の販売店に移動した方がユーザーのためだと思います。

中古車カルテ

ネットを使い中古車を安く買おう

一般的に消費者の人が中古車を購入したいと思った場合、
メーカー系のディーラーや中古車販売店に出向いて店頭に展示されている中古車を買うと思います。

しかし、インターネットの発達により今までとは違う形態で中古車を買う方法があるので
そのことについて紹介します。

まずお客様はネット等で「オークション代行業者」を探してその業者と手数料を払います。
その後この業者が有資格者が参加できるオートオークションでお客様が希望する中古車を競り落とし、
その車をお客様にお渡しするという方法です。

店頭で買う場合と比較してその車を店に運び、展示する費用や人件費は安く抑えることができるので、
10万円近くの手数料を込みで考えても中古車を安く手に入れることが出来るのです。

この方法の問題点は、この業界自体がまだ未成熟なため、悪徳業者が存在し、
そのような業者と契約すると手数料だけ取られて希望する車が手に入らないなどのトラブルが多いことです。

中古車検索