市場は今中古車だ!

中古車としてどこへ売り込むか

一般に考えられるのが、中古車買取屋さん。
どんな車種でも対象になりますから、気軽に持ち込めます。
でも、価格を期待するのは無理な場合があります。

年数が10年以上経過しているとか、10万㎞以上走っているとか、
傷や汚れが目立つ場合は買い取り価格を期待するのは無理です。

場合によっては、処理費用や手数料の名目で、逆に請求される場合も考えられます。
別の方法として、ディーラーに持っていくことです。
もちろんメーカーは限定されますが、以外と価格に期待できる場合があります。

たとえば、今はオートマチック車が主流ですから、
マニュアルミッションの車を中古車買取屋に持ち込んでも、
価格は0の場合があります。

持ち込まれた車を中古車で売る場合と、車検の時の代車として使うからです。
マニュアルミッションの車を運転できる人が少なくなってしまいました。

こんな時はディーラーがいいでしょう。
宣伝はしていませんが、それなりの価格が期待できます。

次は、友人知人へどうぞ。交渉次第、腕の見せ所と言うことでしょうか。

車売る

自分の車を中古車として売りに出す時期

せっかく新車で買った車も時間が経てば、
中古車として売りに出すときがくるものです。

次から次へと新車が発表されますからね。
カタログや雑誌を広げれば、
思い入れは激しくなる一方で、
いても経ってもいられなくなることでしょう。

それが一つの時期でしょう。
この場合は新車購入から相当な時間が経っていることが考えられますから、
中古車として売った場合、
価格はあまり期待できません。

もう一つ、考えられる時期は、
買い取り価格を考えた時期にすること。
年数が経っただけで、
傷や汚れが無くても、
全く走っていなくても、
買い取り価格は格段に落ちてしまいます。
ただの中古車と同じです。

中古車として売って、
新車購入の資金にしようと考えるならば、
一回目の車検を受けたくらいが限度でしょう。
年数が経ってしまえば、
売ろうとしても、
買い取り価格はなくて、
つまり、0になってしまい、

逆に引き取り価格として、
いくらかの手数料を取られてしまう場合も考えられます。

とことん乗ってしまうか、
売ることを考えて乗るかを頭に入れておきましょう。

中古車売却

輸入中古車を買うには覚悟が必要

車に対する考え方の違いが歴然と現れる中古車。

車は単なる移動手段であって、
普段履いているスニーカーのようなものである。
使っていれば傷や汚れは当たり前のことで、
気にする必要はない。
洗車は余程ひどくなって、
暇ができたらすればよい。
その程度に考えている場合がある。

そんな車が平気で中古車市場に出てくるのである。
日本以外は全部、
そんな風に考えているわけではないにしても、
日本ほど几帳面に修理したり、
洗車したり、
手入れを怠らないのは、
他国に期待できないと言っても過言ではない気がする。

その程度のことであれば、
覚悟の上と言うことであれば問題ないが、
何と、
オドメーターをいじっている場合がある。

日本であれば、
中古車と言えども、
車体番号等ですぐ履歴を調べることが可能のため犯人の特定が可能であるが、
海外の場合はそう簡単に事は進まない。
泣き寝入りも考えなければいけない。

いずれにしても信頼できる業者に選定を任せて、
後は運に任せるしかないですね。

宝くじみたいなもので、
非常に楽しみな面もあります。

掘り出し物の中古車にぶつかるかも。

輸入中古車

日本と海外の中古車に対する思いれの違い

海外からのニュース映像を見て愕然とすることがある。

特に紛争や災害に見舞われて、
車で避難するとき、
あまり考える時間的な余裕がないときなどの場合、
荷物を助手席も含めて、
空席に押し込むのは当然であり、
乗用車の屋根からボンネットにかけても、
積めるだけ積んでいる光景である。
まるで荷馬車状態である。

道路交通法がどうのこうのという状況ではないし、
警察もそれを取り締まることもしないのだろう。

そもそも、車に対する考え方が日本と違うのである。

そんなオーナーの車が中古車市場に出てくるのである。
エンジンの調子はまだしも、
ボンネットやルーフがぼこぼこにへこんだ車が中古車として売られている状況。
日本では考えられません。

車は移動手段であり、
靴と同じである。
年月が経てば、傷やへこみは当たり前である。
中古車としての価値を下げる項目には入らない、
と言う考え方があるかも知れない。

中古車なのだから仕方がない。
それが中古車だ、と言われてしまってはどうしようもない。

海外から中古車を買う場合は要注意である。
写真にはそんな状態は写っていません。

日本海外

中古車を買うときワンオーナーにこだわるか

以前の中古車の販売店では、
走行距離、年式、車検の年月日、装備の表示が標準的でした。

後は購入者が外見から判断して、
自分の好みに合っているかどうかが、
購入の基準であったように思います。

だいたいの場合、中古車を買うときは、
走行距離から装備の表示はざっと見る程度で、
一番の決め手は、
傷や汚れがあるかどうか、色は好みに合っているかどうかでしょう。

しかし、
最近はその中古車の履歴、
ワンオーナーか複数かどうかが、
重要項目になりつつあり、
他車との差別化を図っているようで、
ワンオーナーカーで一つのブースを作っているほどです。

こうすることによって、
よりいっそう、中古車の販売に力を入れており、
購入する側も買いやすくなっているようです。

何人もの人が乗って、
手放しているという履歴をもっていると、
何か訳ありじゃないかとか、
長く乗ってもらえないような理由があるはずです。
そんな余計なことを考えなくて良いのがワンオーナーカーといえるでしょう。

単純なほど商談はスムーズに進むでしょう。

ワンオーナー

中古車でなければならない理由

わざわざ中古車を選ぶ理由がある。
それは新車では、今現在売られていない車があるからです。

いわゆる旧車という枠に分類される車で、
マニアにとっては喉から手が出るほど欲しい車でしょう。
旧車ですからほぼ100%中古車になりますが、
通常の中古車販売店では売っていません。

マニア同士のネットワークがあり、
それに加わって情報を得るのが、手っ取り早いでしょう。

その旧車にしても、
動かなければ意味がないと考えるグループがあり、
大変な時間と費用をかけて、復元しています。

全国的に見れば、
必ずどこかで1年に一回はパレードが行われています。
雨の日の開催になってしまえば、
かわいそうなくらいぴかぴかに磨き上げられて、
エンジンのチューニングにも、神経を使っています。

そうかと思えば、
動かなくてもいいんだ。
旧車であれば、
どんなに車体がさびていようが、
エンジンが掛からなくても構わない。
所有していることで満足しているというグループもあります。

いずれにしても、
保管場所が必要ですし、
それなりに費用もかかることで、
中古車とは言え、
そのような車は値段があってないようなものです。

ヴィンテージ車

中古車を買って損をしないように

中古車を買うと言うことは、
ご自身の何らかの都合により、
新車を買うより中古車を買った方が、都合がいいからだろうと思われます。

車種にもよりますが、
中古車だからと言ってもそれなりの値段になってしまいます。

車体価格の他にも、手数料やら、税金はバカにできません。

自分がその中古車を買ってどのくらいの期間乗るつもりなのか、
しっかり考えた上で購入しなければなりません。
車体価格の安さだけに惹かれて、
5年乗るつもりが一年間乗ったら、故障が立て続けに生じてしまっては何もなりません。1年で買い換えになってしまっては、
何のためにわざわざ中古車を選んだのか分からなくなってしまいます。

ワンランク落として、
新車を買って10年、15年乗った方が得と言うことになってしまいます。
くれぐれもご注意願います。

中古車販売店に相談すると、
5年だけ乗りたいんだと言っても、
そんな保証はできないのは当然ですから、
エンジンのトラブルが少ないと思われる車を進められると思います。

多少の傷や汚れは我慢した方がいいでしょう。

中古車傷

中古車として売るためにすること

誰しも、
中古車として売ることを考えたとき、
一円でも高く売りたいと思うのは当然でしょう。

次に買う車のことを考えれば、
引き取ってもらうときの印象もよくしておきたいものです。

ぼこぼこ、さびだらけの中古車を買う人はまずいないでしょう。
ぴかぴかの中古車であれば、きっと何かが違うはずです。

そのために欠かせないのは、まず洗車とワックスがけでしょう。
車内清掃も欠かせません。
なかなか面倒なことですが、こまめにするのが肝心です。
車の下回りの洗車も忘れずに!。

肝心なことは、
洗車、ワックスがけ、車内清掃も、できれば自分ですることです。
なぜかというと、
これをスタンドなどに任せると、
確かに楽ですが、
自分ですると、
車の小さな傷やちょっとしたねじの緩みなどに気づくことができるのです。

ただプロに任せて、いいこともあります。
自分でやるとついつい手抜きになることがありますから。
プロの手順に学ぶことは多いはずです。
それに、冬、雪国など行ったときなどは、
エンカルまみれになって一刻も早く洗車をしておきたいものです。
そんな時はプロに任せたり、自動洗車もいいでしょう。
その時、その時で方法を考えましょう。

ただ、注意しなければいけないのは、
傷直しはプロに任せること。
素人は手を出さないのが無難です。

中古車売却

中古車を購入する年代

中古車を買うときのメリットは、
何と言っても安いこと。
また、人気のある新車だと、納車まで何ヶ月も待たされます。
中古車だったらそんな問題は一発解決です。

それに販売店でも、情報の共有が非常に幅広くなっていますから、
購入希望の中古車があるか、ないかなど、すぐ分かります。

こんなメリットを生かしたい人と言えば、
学生生活が終わって、いよいよ社会人だという方たちでしょう。
お金を車の購入に回すにも、
それだけの余裕はないでしょうし、何より時間的な余裕がないはずです。

自動車免許を取ったらすぐ乗りたいですよね。
お金の方は多少親のすねをかじるかも知れませんが。
ちょっと我慢していただきましょう。

次に考えられるのは、ある程度年輩になられた方たち。
新車は何台か乗ったけれど、
もうそろそろ、車体に変わった色のマークを張らなければならなくなると、
新車の購入はちょっと待て、と言うことになるようです。

休日の旅行はツーリングではなく、
電車、バス、飛行機が多くなって、
車を使うのは普段のちょっとした買い物になる年代です。

新社会人

中古車と聞いてまずイメージすること

中古車と言えば、
色あせている、傷がある、シートが汚れている。
外見的にはそんなところでしょうか。

エンジンはと言うと、
走行距離は相当走っているし、年数も経っている、エンジン音に気になるところがある。

気のせいかも知れないが、臭いがある。

でも、今の中古車はそんなことありません。
特にワンオーナーの中古車ならば、ほとんど問題ありません。
走行距離や年数は仕方ありませんが、車そのものの性能がアップしていますし、
オーナーは結構きれいに、丁寧に乗っている人が多くいます。

ですから、外見的な面ではほとんど問題なく中古車選びができます。
カー用品を取り扱うお店が多くなりましたし、普段のお手入れ用品が充実していますから、楽しんで車いじりをしている人が増えているように思います。

それに新型車の発表の間隔が短くなっていますから、
一台の車をのりつぶすことはあまり考えず、
買い換えを前提にしている方が多いようです。

中古車