市場は今中古車だ!

Monthly Archives: 6月 2013

誰しも、
中古車として売ることを考えたとき、
一円でも高く売りたいと思うのは当然でしょう。

次に買う車のことを考えれば、
引き取ってもらうときの印象もよくしておきたいものです。

ぼこぼこ、さびだらけの中古車を買う人はまずいないでしょう。
ぴかぴかの中古車であれば、きっと何かが違うはずです。

そのために欠かせないのは、まず洗車とワックスがけでしょう。
車内清掃も欠かせません。
なかなか面倒なことですが、こまめにするのが肝心です。
車の下回りの洗車も忘れずに!。

肝心なことは、
洗車、ワックスがけ、車内清掃も、できれば自分ですることです。
なぜかというと、
これをスタンドなどに任せると、
確かに楽ですが、
自分ですると、
車の小さな傷やちょっとしたねじの緩みなどに気づくことができるのです。

ただプロに任せて、いいこともあります。
自分でやるとついつい手抜きになることがありますから。
プロの手順に学ぶことは多いはずです。
それに、冬、雪国など行ったときなどは、
エンカルまみれになって一刻も早く洗車をしておきたいものです。
そんな時はプロに任せたり、自動洗車もいいでしょう。
その時、その時で方法を考えましょう。

ただ、注意しなければいけないのは、
傷直しはプロに任せること。
素人は手を出さないのが無難です。

中古車売却


中古車を買うときのメリットは、
何と言っても安いこと。
また、人気のある新車だと、納車まで何ヶ月も待たされます。
中古車だったらそんな問題は一発解決です。

それに販売店でも、情報の共有が非常に幅広くなっていますから、
購入希望の中古車があるか、ないかなど、すぐ分かります。

こんなメリットを生かしたい人と言えば、
学生生活が終わって、いよいよ社会人だという方たちでしょう。
お金を車の購入に回すにも、
それだけの余裕はないでしょうし、何より時間的な余裕がないはずです。

自動車免許を取ったらすぐ乗りたいですよね。
お金の方は多少親のすねをかじるかも知れませんが。
ちょっと我慢していただきましょう。

次に考えられるのは、ある程度年輩になられた方たち。
新車は何台か乗ったけれど、
もうそろそろ、車体に変わった色のマークを張らなければならなくなると、
新車の購入はちょっと待て、と言うことになるようです。

休日の旅行はツーリングではなく、
電車、バス、飛行機が多くなって、
車を使うのは普段のちょっとした買い物になる年代です。

新社会人


中古車と言えば、
色あせている、傷がある、シートが汚れている。
外見的にはそんなところでしょうか。

エンジンはと言うと、
走行距離は相当走っているし、年数も経っている、エンジン音に気になるところがある。

気のせいかも知れないが、臭いがある。

でも、今の中古車はそんなことありません。
特にワンオーナーの中古車ならば、ほとんど問題ありません。
走行距離や年数は仕方ありませんが、車そのものの性能がアップしていますし、
オーナーは結構きれいに、丁寧に乗っている人が多くいます。

ですから、外見的な面ではほとんど問題なく中古車選びができます。
カー用品を取り扱うお店が多くなりましたし、普段のお手入れ用品が充実していますから、楽しんで車いじりをしている人が増えているように思います。

それに新型車の発表の間隔が短くなっていますから、
一台の車をのりつぶすことはあまり考えず、
買い換えを前提にしている方が多いようです。

中古車


中古車を契約するときには、いくつか注意したいポイントがあります。
まず、車検が切れている車の場合、いつ車検証ができるのか確認しておきましょう。
車検証のコピーは任意保険に入る際に必要となります。

他には、自動車税の確認です。
中古車を年度の途中で購入した場合は、登録の翌月から年度末まで納めます。

その金額が合っているかどうかを、きちんと確認しておきましょう。
そのほかに中古車を買った場合にかかる税は、自動車重量税です。

車検残がある場合は請求されることはないです。
ですが、万が一のことも踏まえてきちんと確認しておきましょう。

そして、消費税も購入の際にはかかります。
中古車を購入する場合、車両本体価格と販売店手数料に消費税(5%)がかかります。

ですが、税金や法定預かり費用、自賠責保険には消費税はかかりません。
チェックしておきましょう。

このように、さまざまな税がかかりますので、契約の際にきちんと確認しておきましょう。

中古車契約